仮想通貨のメリットとはどんなものなのか

仮想通貨のメリットとは
去年、日本で流行したひとつが「仮想通貨」です。今では世界の仮想通貨を日本人は4割を持っていると言われているほど仮想通貨大国となりました。

その割には、海外のように仮想通貨で店舗やネットで買い物したりするメジャーな文化が、今一つ日本ではまだ発展していません。

少しずつではありますが、仮想通貨で買い物できる店舗が増えてきてはいます。しかし、この仮想通貨にはどんなメリットがあるのでしょうか。

まずはそもそも仮想通貨とはどんなものなのかについてです。仮想通貨とはその名の通り「通貨」です。

お金の価値を持ち合わせており、仮想通貨で買い物したり、サービスを提供してもらったりできます。

仮想通貨は法定通貨である「日本円」や「米ドル」などと交換することができ、価格変動によって利益を生み出すことも可能な通貨なため、投資にも利用することが可能な通貨です。

仮想通貨というものは世界で1000種類以上と言われており、仮想通貨の代表格である「ビットコイン」や「イーサリアム」、最近お騒がせしている「NEM」などが仮想通貨と呼ばれるものです。

仮想通貨はプログラミングの知識や技術があれば誰でも発行することが可能です。ビットコインやイーサリアムなどは大きな価値が付いていますが、価値がない仮想通貨もまだまだたくさんあります。

では、本題の仮想通貨にはどんなメリットがあるのでしょうか。まずは「持ち運びや取り扱いがスマート」なことです。

法定通貨の場合は、法定通貨を持ち歩かないと商品を購入したり、サービスを受けたりできませんが、仮想通貨の場合は「デジタルデータ」で管理されているため、スマホを持ち歩くだけで商品やサービスを購入することができます。スマホを端末機にかざすだけで支払いできるというのもスマートです。

次に「送金する手数料が安い」ことです。国内で取引するに関してはあまり手数料の安さは感じないですが、海外へ送金したりする時に大きな差がでます。

海外へ送金しようと思うと銀行などの中央機関を通さなければならず、両替などで手数料が高めになってしまいます。

その分、仮想通貨は銀行などの中央機関を通さなくてよく、手数料が大幅カットすることが可能です。

最後に「海外で使用できる」ことです。先程の「送金する手数料が安い」でも少し触れましたが、海外旅行へ行くと現地の法定通貨に両替しなくては買い物ができませんが、仮想通貨は世界共通通貨なので両替することなく、海外で買い物することができます。

他にも仮想通貨にはメリットがたくさんあり、これからどんどん利用が便利になってくる通貨だと思います。

日本でも利用可能な店舗が増え、スマホやタブレットで買い物するのが当たり前の時代が来るかもしれません。